自動車メーカーで働く

自動車メーカーの仕事について

自動車メーカーで働くなら工学部

将来自動車の製造メーカーや整備工場で働きたいという夢をもって大学に進学するのではれば、工学部に進む必要があります。工学部で様々な機械のメカニズムについて学ぶことになり、その知識は自動車を開発するのあたっての必要な知識となります。整備士として働きたいのであれば、大学進学ではなく、専門学校へ進学するほうが早いです。目指すなら1級整備士ですが、技術と知識の両方が必要になります。就職先では好きなメーカーがあるのなら、メーカー系のディーラーがおすすめです。安定しているという安心感もあります。ただ営業もさせられる可能性があるので要注意です。

自動車が機械からソフトウェアに

最近はどんどんと自動車のソフトウェア化が進んでいます。自動車というと機械の代表的なものだったのですが、今はその技術はかなり進んでしまっていて、今車を進化させているのは自動運転によるソフトウェアの面が大きくなっています。以前からブレーキ制御などである程度のソフトウェアが必要とはされていたのですが、将来の自動運転というものを見据えて、車のソフトウェア産業が活性化しているというような状況になってきています。今の車業界の競争を勝ち抜けるかどうかもソフトウェアがカギを握っているとも考えられるようにもなってきました。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車修理を請け負う工場 All rights reserved